早いもので、今年の年末に亡父が亡くなって、まる10年となります。
人生も後半戦なので、自分はどう生きていくのかを考えつつ…
10年、早いですね。
まさに「光陰、矢のごとし」です。