今年の夏は香川県で有名なこんぴらさんの呼び名で
親しまれている「金刀比羅宮」に行ってきました。

参道入口から御本宮まで石段の数は785段、
奥社まで行けば1368段あるそうです。

酷暑で子連れだったので御本宮までは行けず、、
250段ほどで諦めてしまいました。

子供がもう少し大きくなってから、
再チャレンジして次は御本宮までは行きたいなと思います。

冬の寒さも落ち着いて暖かくなってきたので、
子供の頃に行った事のある動物園に十数年ぶりに行ってきました。

園内の動物で見覚えがあり、名前も聞き覚えがあるなと思っていたら、、
象は子供の頃に行ったときと同じ象だったようです。

自分が子供の頃に見た風景を子供とも一緒に体験でき、
子供の頃とは違った目線で楽しめて、とても有意義な時間を過ごせました。

今年は台風、地震の自然災害の影響で防災・地震対策について改めて考える機会が増えました。

去年までは懐中電灯くらいしか準備していなかったので、、
今年は対策を見直して少しずつ防災準備を行なっています。

また、台風や地震の影響で防災関連商品は品薄や入荷待ちなどが多くなっています。
災害に対する心構えや意識が世間でも高くなっているのだなと感じました。

人工知能やシステムで防災・地震の自然災害についても、
もっと早めに検知や予測ができ、避難や対応のできる未来がくるようにと思います。

今年の七夕は小学生以来ぶりに子供の代筆ですが、短冊に願い事を書きました。

子供の頃は願い事がいっぱいで何に絞って書くかで困った記憶がありますが、
大人になると書く内容の体裁ばかりを考えてしまい、苦戦して短冊を書く結果になりました。

日々慌しく過ごしていると行事や季節もあっという間に過ぎてしまいますが、
たまには童心に返ったように行事や季節の風物詩を感じるのも
素敵なことだなと改めて感じた七夕でした。

真冬の大寒波や寒さも少しずつ落ち着いてきて、
ようやく春を感じれる桃の節句になりました。

桃の節句では昔から雛人形を飾って雛祭りをする傾向がありますが、
雛人形を飾るのは「災いがふりかからないように、また、美しく成長して幸せな
人生を送れるように」と女の子のすこやかな成長を願う為に飾るようです。

今年は雛人形を飾るのに加えて、桃の節句料理を作ったりと桃の節句を楽しもうと思います。

先日、数年ぶりに姫路城へ桜を見に行きました。姫路城の修繕工事が完了したのと桜の季節で姫路城は観光客で溢れかえっていましたが、綺麗な桜を見れて春を感じれました。

ただ、それと同時に体調を崩してしまったので…来年からは人が多い日中は避けて期間限定のライトアップされた桜が鑑賞出来る夜桜会に行こうかなと思います。

先月末にハロウィンが終わってから街中はクリスマス一色になりつつあります。
そんな雰囲気に影響を受けて、今月上旬からクリスマスツリーを飾り始めました。

昨年は引っ越しで忙しく、クリスマスは何も出来なかったので今年は早めに少しずつ楽しみながら準備してます。

最近は可愛いツリー用のオーナメントが多いので、大人でも飾り付けにワクワクします。

今年もあと1ヶ月ちょっとなので体調に気をつけて素敵なクリスマスを過ごしたいです。

7月7日ですが夜にも関わらず、駅の改札口前で何箇所も人集りが出来ていました。

珍しい光景だったので覗いてみると、たくさんの短冊が葉竹に飾ってあり、多くの方が願いを短冊に書かれているのを見て今日が『七夕』という事に気付きました。

小さい頃は子供会の行事で毎年七夕には短冊に願いを書いて、七夕を楽しみにしていたのを思い出して少し懐かしくなりました。同時に今年は仕事も私生活も心機一転でお願い事がいっぱいあるので書けば良かった、、と少し悔しい思いをした七夕でした。

来年こそは色々と願い事を書きたいなと思います。