最近、廃墟巡りが熱いです。

もちろん合法で行ける場所ですが。

人口物と、自然とが交じり合う景色が退廃的で日常とは切り離された雰囲気が味わえます。

有名どころでは軍艦島などですが、安全面から侵入は禁止されています。

場所によってはまだ奥まで入り込めるような廃墟もあるようなので、そちらは冒険感も味わえるます。

日常から抜け出したいという方にはお勧めです。

2018年3月より内部公開されている太陽の塔にいってきました。

一部プロジェクションマッピングが楽しめるところなど、大阪万博当時とは異なる部分や、

あえて補修などもせずに当時から変わらずそのまま残されている部分に、歴史の流れを感じさせる工夫があったりと、

とても楽しめました。

個人的な見どころとしては、生命の木にある2足歩行恐竜のオブジェが、現在考えられてい前屈姿勢ではなく、

後ろ足としっぽで体重を支えるような姿をしているところ。

昔の常識と今の常識の違いを感じれて面白かったです。

 

あれほど大きな作品を見る機会もなかなかないかと思いますので、興味のある方は是非行ってみてください。